一戸建ての空き巣狙いが多発しています

死角の多くなる一戸建て空き巣は京都でも多発しています。
 
侵入口はベランダ・居間が53%、台所などが24%など。
 
一戸建ての空き巣被害を防ぐ4つのポイントが京都府警察から発表されていますので、参考にしてください。
 
 


  1. 視線の確保・・・犯人は近所のひとに見られたり、防犯カメラで写されるのを嫌う。

  2. 時間の確保・・・犯人は性能の高い錠、補助錠、面格子、防犯ガラスなど侵入に時間のかかるものを嫌う。

  3. 音の確保・・・犯人は警報音など音の出るものを嫌う。

  4. 光の確保・・・犯人は防犯ライトやサーチライトで照らされるのを嫌う。

▼さっそくインターネットで無料パンフレット請求!▼

ALSOK関連記事

  1. 京都の侵入盗対策
  2. ホームセキュリティをセットしたかな・・・?
  3. 押し売りにアルソック
  4. 侵入犯罪に対する注意
  5. ホームセキュリティー会社の警備員の待機場所は?
  6. アルソックのインターネット警備
  7. 京都府の空き巣の侵入手段と侵入経路
  8. 警備の開始・解除は暗証番号で
  9. 泥棒は下見をする
  10. マーキングに注意
  11. 京都のひったくりは朝も危ない!
  12. 京都府の子どもに対する声かけ事案等
  13. アルソックのミニコントローラー
記事一覧