マーキングに注意

「マーキング」とは訪問販売業者などが訪問宅の情報を暗号で玄関付近に書き込むこと。
 
あなたのおうちのドア付近や表札にアルファベットや数字は書き込まれていませんか?
 

 

京都防犯鑑定協会(京都市右京区)はマーキングは犯罪被害につながるとして注意を呼び掛けています。
 
留守の時間帯や家族構成などが一目で分かり、空き巣などの標的になる恐れがあるため。
 
とにかく見つけたらすぐに消すことです。
 
 
マーキングは10年ほど前から、訪問販売業者などが効率よく訪問できるように考案したとされます。
玄関にある表札や、電力会社の識別シールなどの隅にアルファベットや数字の暗号を書き込み、住人の情報を仲間に伝えます。  
 
暗号は、1人暮らしの家を「S」、留守宅を「R」などと表すのが一般的。
暗号を組み合わせ、「D8-18R」(2人暮らし、8時から18時まで留守)といった形で使われます。
 
 
防犯パトロールでマーキングを重点的に見回ったところ、右京区内だけで15軒にマーキングが見つかったそうです。
 
空き巣が多発した住宅街で不審なマークやシールが見つかったという話もあります。
普段玄関回りの細かいところなどよく見ていないものです。
一度しっかりチェックしてみるとよいでしょう。
(京都新聞より)

▼さっそくインターネットで無料パンフレット請求!▼
ALSOKタグ :

ALSOK関連記事

  1. 京都の侵入盗対策
  2. ホームセキュリティをセットしたかな・・・?
  3. 押し売りにアルソック
  4. 侵入犯罪に対する注意
  5. 一戸建ての空き巣狙いが多発しています
  6. ホームセキュリティー会社の警備員の待機場所は?
  7. アルソックのインターネット警備
  8. 京都府の空き巣の侵入手段と侵入経路
  9. 警備の開始・解除は暗証番号で
  10. 泥棒は下見をする
  11. 京都のひったくりは朝も危ない!
  12. 京都府の子どもに対する声かけ事案等
  13. アルソックのミニコントローラー
記事一覧